本人認証サービス(3Dセキュア)

本人認証サービス(3Dセキュア)とは…

インターネットショッピングで日専連カードをご利用の際、通常の取引情報(カード番号等)に加え、あらかじめ弊社Webサービスへ登録したIDとパスワードを入力頂くことにより本人認証を行うサービスのことです。
カード会員様しか知らないID・パスワード等を入力することにより安全性を高め、第三者による『本人なりすまし』を防ぎます。
本人認証サービスご利用登録可能なカードは、当社の発行する「JCB」「VISA」の国際ブランドマークの入っている全てのカードです。

サービス参加加盟店には右記のマークが表示されます。


当社は、非対面取引で第三者によるカード番号の不正利用の防止を図る業務を行うため、
不正検知サービスを利用しています。


[不正検知分析について]

  • 弊社は非対面取引で、第三者によるカード番号の不正利用の防止を図る業務を行うため、オンライン取引情報・デバイス情報を用いて、不正検知分析を行っています。
  • 次の情報を、不正検知サービス運営用事業者(ThreatMetrix社(所在地:米国))へ提供し、不正利用の可能性を分析します。
    1. オンライン取引情報
      氏名、メールアドレス、電話番号、請求先住所、商品送付先住所など、お客様が取引時に加盟店の購入画面等に入力した情報、またはあらかじめ当該加盟店にお客様が登録した情報
    2. デバイス情報
      お客様がオンライン取引の際に使用したパソコン・スマートフォン・タブレット等の機器に関する情報
      (OSの種類・言語・IPアドレス・位置情報・端末識別番号等)
  • 分析の結果、パスワード入力が不要と判断された場合、パスワード入力画面は表示されず、お客様のパスワード入力負荷が軽減します。
  • 不正利用の可能性があると、パスワード入力画面が表示されず、本人認証が失敗します。実際には不正利用ではない場合もありますが、不正利用抑止のため、ご理解ご協力をお願いします。
  • 分析に使用された情報は、個人が特定できない形式でThreatMetrix社にて一定期間保管され、当社の不正検知分析のほか、ThreatMetrix社のサービスを利用する他の組織の不正検知のためにも使用されます。

  • 本人認証サービス(3Dセキュア)ご利用の手順

    ●パーソナルメッセージとは

    インターネットショッピングにて本人認証サービスを利用する際、パスワード入力画面に表示されるものです。お客様がWEBサービスに予めご登録頂いたメッセージが画面上に表示されることにより入力画面が本物であることをご確認頂けます。